狭小住宅とはなにか

狭小住宅とは狭い土地に建てられるように工夫された住宅の事で、例えば奥行きはあるが横幅の狭い土地に建てられたりする住宅の事を指しています。
明確な定義はありませんが、一般的には15坪以下くらいの土地に建てられた住宅の事を指しています。
狭小住宅が建てられるような土地は非常に狭いため使い道があまりないので、地価などがとても安くなっている場合が多くあります。
そのため特に地価の高くなりやすい都心部などで、自分の住宅を持ちたいと考えている人たちに人気が出ている住宅です。
近年では大手メーカーも参入しているなど、非常に注目度が上がっています。


狭小住宅の利点はなんといっても他の土地に比べて地価が安く、低い金額で住宅を建てる事ができるという点です。
都心部では自分の住宅を持とうと考えても、どうしても地価が高いため断念せざるを得ないという人が多くいます。
そういった人でも狭小住宅ならば安い金額で住宅を建てる事ができますから、あまり資金に余裕がないという人でも自分の住宅を持つ事を検討しやすくなっています。
また狭小住宅は狭い面積を十分に活かすためにさまざまな工夫が施されており、そのおかげで狭い土地に建てられた住宅ながらも、生活に不便を感じる事が少ない住宅です。


狭小住宅に興味があっても、狭い土地では生活しづらいのではと考えて踏ん切りがつかない人も多くいるでしょう。
当サイトでは、狭小住宅にどのような工夫が施されているのかを簡単に紹介していきます。
狭い住宅だから建てても意味がないと考えている人や、今後都心部に自分の住宅を持ちたいと考えている人が、狭小住宅という選択肢を考えるための一助となれば幸いです。

Copyright © 2014 狭小住宅には工夫が一杯 All Rights Reserved.